GLOBAL CREATIVE TRIP

世界各国を旅しながら働く児玉が、海外のクリエイティブトレンドをいちはやくレポートします。

カンヌセミナー2017 Day2

カンヌ2日目!

The Art of Experiential Marketing(体験型マーケティングの芸術)というセミナーの冒頭に出たスライドはこちら。

f:id:bbmedia:20170620092111j:plain

4人中3人のミレニアルは、商品よりも体験にお金を費やしたい

 

こちらの統計は、最近参加する体験型マーケティングのセミナーの鉄板ネタとして絶対登場する...。体験を重視している若者たちが急増中、ということは、体験を重視しているブランドも急増中!ということです。

続きを読む

カンヌセミナー2017 Day1A面

カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル、ついに開幕です!

f:id:bbmedia:20170618011432j:plain

確実に後半にはボロボロとなる8日間、ゴングが頭の中で鳴り響く中、激しい日差しに首の皮膚がやられる中、てくてくとセミナー会場へ。

続きを読む

SYOSS "The Thief"

SYOSSというシャンプーのTVCFのご紹介です。

f:id:bbmedia:20170531135147j:plain

朝の慌ただしい様子を物語る短いクリップの集合体、サスペンス調の音楽、そして、ナレーションの内容と独特の音質。すべてがうまく絡みあって、不穏な、奇妙な空気感が漂う完成度の高い広告です。

 

作品名のThe Thiefとは、「泥棒」という意味。その「泥棒」とは、朝の貴重な時間を盗んでいく「通勤」のこと。

 

コピー内容

My daily commute is a thief, a burglar, who steals away my precious time.

朝の通勤は、私の貴重な時間を盗んでいく泥棒、盗人である。

A mugger, who lies in wait for me.

私を待ち伏せする強盗犯。

Waits until I am half awake and then quite brazenly, robs me of my morning.

私が半起き状態であるのを待ち、堂々と、私の朝を盗んでいく。

“Okay lady, hand it over.”

「おい姉ちゃん、こっちへよこせ」

“Please no!  Not again”  I cry. 

「いや、お願い!もう勘弁してっ。」と私は訴える。

But my commute is cruel.

しかし、私の通勤は残酷である。

It shows no mercy.

慈悲のカケラもない。

It steals my breakfast, my long hot shower and that priceless me time.

私の朝食を、熱々のシャワーを、お金では変えない大切な私だけの時間を盗んでいく。

I need to do my hair!

髪の毛をセットしないと!

Yes, it takes that too.

ええ、その時間までも盗んでいく。

Heartless.

無情。

I don’t want to arrive looking like this.

こんな姿で到着したくない

I want to stride through the office with a mane of golden fire.

黄金に燃え上がる髪で、堂々とオフィスを颯爽と歩きたい。

I want to turn heads, raise heartbeats, taunt ex-lovers.

人を振り向かせ、心拍数をあげ、元恋人たちを冷やかしたい。

I want to be ... her.

私は、.....彼女になりたい。

There she is again.  The mystery girl with the perfect hair.

今日もいた。完璧な髪を持つ、神秘的な彼女。

Why is she spared her morning glory?

なぜ彼女だけ、朝を奪われていないの?

Where is her head of shame?

なぜ彼女の頭は恥辱に満ちていないの?

Look at us.  Lost souls bound for bad hair central.

私たちを見てよ。「ひどい髪駅」行きの魂を失った者たち。

What witch craft sets her apart from us mere mortals?

ちっぽけな人間である私たち、彼女との違いとは、一体どんな魔力?

Coca-Cola "Festival Bottle"

ルーマニアで行われたコカコーラのキャンペーンのご紹介!

f:id:bbmedia:20170529160651p:plain

YouTubeよりスクリーンショット

 

ルーマニアでは(ルーマニアだけじゃない気がするけど...)、若者のコカコーラ摂取が減少している、という。

 

施策前の統計(ルーマニアにおいて)

ここ1ヶ月、コーラを飲んでいないティーンは40%

 

ティーン層にコカコーラを購入してもらうために行ったのが、商品ラベルを使用したプロモーション。ルーマニアのティーンは、コカコーラにあまり愛着はないけど、音楽フェスが大好き!ほとんどのティーンは夏に1回以上は音楽フェスに参加している、とのこと。そこで、コカコーラはルーマニアの音楽フェス何社かと組んで、商品ラベルが音楽フェスのリストバンドになる仕組みを開発。

 

普通のプレゼントキャンペーンになりがちなのを、商品とデジタルを絡めて面白く、スタイリッシュになっております。もともとブランドとの相性が良い音楽、との組み合わせもGoodですね。

 

結果として、売り上げは11%増え、ルーマニアティーンの75%へリーチ。チケットが当たらなくても、ファッションとして8種類のデザインがあるリストバンドを集めて、つけている若者もいたのだとか。

MONOPRIX "Labels Of Love"

カンヌライオンズへ行かれた方なら、必ず1回はお世話になっているMONOPRIX(モノポリ)というフランスのスーパーマーケットチェーンから、85周年を記念したショートフィルムのご紹介!

f:id:bbmedia:20170518125325j:plain

YouTubeよりスクリーンキャプチャ

 

MONOPRIXの特徴は、パッケージングにあるらしく、商品のラベルにはその商品にちなんだ、親父ギャグ的な、語呂合わせ的な、ものが記載されている。

 

例えば、

I LOVE YOU A LOT(すごく愛している)の代わりに、

I LOVE YOU A LATTE(LATTE=ラテ)と書かれている牛乳があったり。

 

そのラベルを使用して、可愛らしいラブストーリーを描いています。

 

映像に出てくるラベル

EN VOILÀ UN JOLI PETIT COEUR <ハート型のパイ>

You make my 'little heart' crumble

キミは、ボクの'小さなハート’を粉々にする

 

TU ME FAIS CRACKERS <クラッカー>

Totally 'crackers' for you

キミにクラッカーズ(夢中)だ

 

PRÊTE POUR UNE L'OEUF STORY <卵>

Are you ready for an Egg-xtraordinary story?

最高(Extraordinary)なストーリーの準備はOK?

 

LAIT DRÔLE LA VIE <牛乳>

Better 'latte' than never

遅れても(Late=遅れる / Latte=ラテ)、一生会えないよりよりまし

 

 

2人の運命は?

5月22日に続編のエンディング動画が公開されるそうですよ。

 

監督は、32(サーティトゥ)というイギリスの演出デュオです。

Volkswagen "Atlas"

Volkswagenの7人乗り乗用車のキャンペーンのご紹介です!

f:id:bbmedia:20170517142630j:plain

YouTubeよりスクリーンキャプチャ

 

ダイナミックなアメリカの景色、サーモン&ガーファンクルのメロディ、心にひびくストーリーによって、十分に見応えのある90秒は劇場用広告として制作されたもの。

 

トーリーの内容は、一家のアメリカを横断する家族旅行。おじいちゃんが亡くなったばかりで、おじいちゃんの最後のお願い通り、ばあちゃんとその息子家族6人、合計7人でアメリカを旅する、というもの。

 

冒頭、おばあちゃんが、おじいちゃんからの最後の手紙を読むシーンから、はじまる。手紙の内容と、読み手のおばあちゃんの訛りから、2人とも移民としてアメリカに来たことがわかり、すごく繊細に、微妙に、社会的視点がふくまれている。

 

おじいちゃんからの手紙

家族よ

到着したその日から、この偉大なる国のすみずみを見たい、と思った。

私からの最後のお願いは、私の代わりに家族全員でこの国を旅すること。

親愛なる祖父より

 

リトル・ミス・サンシャイン」「6才のボクが、大人になるまで。」のような家族を題材にした映画を見ているかのような錯覚に陥いたのは私だけ!?

情緒的な90秒に比べ、30秒・15秒は、90秒のストーリーをうまく利用し、コミカルに家族の旅を車の機能説明を絡めつつ、表現しています。そのバランスが絶妙!

 

 Blanket(ブランケット)篇 15秒 - サンルーフ訴求

鳥の大群に魅了される家族。

 

Bumble(ブンブン)篇 30秒 - 乗り込みやすい3列シート訴求

ハチがっ!ハチがっ!車に逃げ込んでも、車の中にも、ハチがっ!ハチがっ!

 

Parents(親心)篇 30秒 - 歩行者察知機能の訴求

母親は娘を、おばあちゃんは孫を、そして、兄弟はバーベキューを本能的に守る。

 

Maps(地図)篇 15秒 - カーナピ訴求

州を横断する度、紙の地図にバッテンをつける娘。正確にそのタイミングを伝える父。

 

Sleeps Six(6人睡眠可能)篇 30秒 - ゆったり感の訴求

静かに車で寝る家族。あれっ?パパは?イビキをかきながら一人テントに残されているっ!

 

Intersection(交差点)篇 15秒 - 4モーション訴求

突然、雪のつもった道でバッファローと遭遇。どんなシチュエーションでも安定的な4Motion。

 

キャンペーンコピー

Life's as big as you make it.

人生とは、あなた次第で広がる