読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GLOBAL CREATIVE TRIP

世界各国を旅しながら働く児玉が、海外のクリエイティブトレンドをいちはやくレポートします。

Under Armour "Make that Old"

海外の広告紹介

アメリカでNBAもはじまり、まさにスポーツの秋となっている今日このごろ。

最近、良い広告をビュンビュン制作しているUnder Armourの新しい広告をご紹介!

 

今回のUnder Armourのピックアップアスリートは

バスケットボール選手のステフィン・カリー。


 

前回シーズンでは、可憐な3ポイントシュートでNBAを沸かせ、

優勝間違いない、と太鼓判を押されたにもかかわらず、決勝戦で優勝を逃す。

その逃した屈辱を、新しいカリーモデルのシューズの広告のネタとして使用。

 

バスケ選手である父親の七光り、身長が低すぎるなどの批評から、

天才、マジシャンなどの賞賛、2回連続MVPなど、メディア、ファンから色々と

言われつづけてきたカリー。

しかし、どれも古い話だ、バスケ小僧たちの言葉を借りて、伝える広告。

その優勝を逃した屈辱も、過去の話にするために奮闘するカリーの姿を描いている。

 

ざっくりとした台詞

皆、その話は聞き飽きた。

「お父さんにシュートを教えてもらった。」

NBAでは戦えないサイズ。」

「小さすぎる。」

「びしょ濡れの状態でもたった80キロ。」

そんなの聞き飽きた。古い話。

「天才」「ビデオゲームのような動き」「マジシャン」

どれもこれも過去の話。どれも退屈。

「MVP、」「2回連続MVP」「満場一致のMVP」

それも古い。

「73勝9敗?それで優勝リングは?」「奪われた優勝?」

奪われた優勝?それは新しい。それは興味深い。

「それも昔の話にしてみな」

 

最後のコピー

I WILL. カリーの心の声で「そうする。過去の話にしてみせる」という意味。

また、I WILL WHAT I WANTは前からのUnder Armourのスローガンであり、

その I WILLには「強い意志」という意味が込められている。