GLOBAL CREATIVE TRIP

世界各国を旅しながら働く児玉が、海外のクリエイティブトレンドをいちはやくレポートします。

dmexco 2018 - 横派?それとも縦派?

年間多数のセミナーに参加していると、よくスマホ誕生前とスマホ誕生後の比較画像を目にします。2005年と2013年、ローマ法王が選出された時のサンピエトロ広場を捉えたものですが、当時、この比較画像が話題となりました。

f:id:bbmedia:20180914154653j:plain

しかし、この5年間、さらなる変化があると言われています。

 

それは、スマホの持ち方。

続きを読む

dmexco 2018 - モバイルファーストからボイスファーストへ

2017年のCESでAmazonのAlexaが大々的に登場し、ついに「ボイス時代到来!」と言われました。まだまだ現実的に、一般家庭への導入、とまでは行かず、技術的に追いついていないところは多々ありますが、モバイルが人々の行動を変化させたように、ボイス(音声インターフェイス)が世の中を大きく変えていくことは間違いない、と言えるでしょう。

f:id:bbmedia:20180913153401j:plain

 

音声インターフェースの発達によって

・モバイルファーストから、ボイスファーストへ

・スクリーンから、スピーカーへ

・視覚的なウェブから、聴覚的なウェブへ

・下を向いている人たちから、まっすぐ前を向く人たちへ...?

 

どれくらいの速さで「ボイス時代」が到来するかというと

スマホの導入スピードよりも速い

・2020年までには30%のウェブブラウズはスクリーンレスになると言われている

 

なのに、世界でトップ100企業のうち、オーディオガイドラインを作っているのはたった16企業のみ。今後、ボイスインターフェイスという環境のなかで、消費者とどう対話するか、ブランドは考えていく必要がある。

 

続きを読む

dmexco 2018 - dmexco到着!

お久しぶりです!暖かいカンヌは気がつけば、もう3ヶ月前。

本日は秋の兆しを感じるケルンからブログをお届けいたします。

f:id:bbmedia:20180913135732j:plain

 

ケルンといえば、ドイツで4番目の人口を誇る都市で、ケルン大聖堂ライン川を眺めに世界中から観光客が集まります。しかし、9月中旬の2日間だけ、世界各地から観光客ではなく、マーケター、テクノロジスト、エンジニア、クリエイティブ業界が集います。

 

その目的はdmexco!

ディメクスコと読みます。1回、声に出して読んでみましょう。

 

dmexcoとは、毎年100カ国以上から、40,000人が足を運ぶデジタルマーケティングカンファレンスです。この変な名前の由来も、Digital Marketing Expo & Conferenceであり、その名前の通り、1000社以上のベンダーの展示とともに、多くのセミナーが開催されています。デジタルマーケティング版CES、Mobile World Congressという感じでしょうか。セミナー会場へ駆け足で向かう際、通り過ぎるブースのほとんどは、CRM!CSM!マーケットリサーチ!ターゲティング!など、デジタルマーケティングへ特化したブースが多かったです。

 

たった2日間のセミナーで話される内容も、もちろんデジタルマーケティングにちなんだ話題ですが、「デジタル」とひと言でいっても「なんでもありじゃん!」と言われちゃいますね。本日参加してみて、デジタルと言っても、モバイル、ボイス(音声インターフェイス)、プログラマティックに関する話題が多く感じました。

 

では、この先のブログ記事では、現地から、いくつかの話題を提供させていただきます!

カンヌセミナー2018 Day4 KFC

カンヌ4日目のセミナーで最もエンターテイメント性が高かったのはこちら!

f:id:bbmedia:20180622223721j:plain

生き返ったカーネル・サンダーズが司会進行を務めたKFCのセミナーです。

サンダーズおじさん以外に登壇したのは、サンダーズおじさんを死から生き返らせたKFCのマーケティングディレクターと、エージェンシーWieden+Kennedyのエグゼクティブクリエイティブディレクターです。セミナーの題名は、

How a Chicken Salesman Predicted the Future of Modern Marketing

チキンのセールスマンが未来のモダンマーケティングを予測

 

チキンのセールスマンとは、創業者のカーネル・サンダースのこと。彼のおかけでここ数年KFCが以前の輝きを取り戻せた、と言っても過言ではない。

ここ数年、Wieden+Kennedyとパートナシップを結んでから、KFCがニュース、いわゆるポップカルチャーで目にすることが圧倒的に増えました。そこには、11種類のスパイスとハーブによる秘伝のレシピ以外にいくつかの秘密が...。

続きを読む

カンヌセミナー2018 Day3 Unilever

今年もお決まりの黄緑色のジャケットで登壇したUnileverのChief Marketing OfficeのKeith Weed。今年のセミナーのテーマは、

Founders' Formula: Pioneering for Purposeful Growth

創設者の方式:社会的意義に基づいた成長を開拓する

f:id:bbmedia:20180622091708j:plain

こういったセミナーで使われすぎているフレーズ「Brand Purpose」の根底にあるのは、創設者の理念である、とKeith Weedは言う。

 

続きを読む

カンヌセミナー2018 Day2&3 ダイバーシティ

ここ数年、カンヌのセミナーでよくテーマにあがるのが、ダイバーシティ

f:id:bbmedia:20180621092101j:plain

Vogue UKのホームページより

 

今年もそこは変わらず、

2日目はヒューレット・パッカード(HP)

3日目はプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)

と2つのグローバルブランドがカンヌのメインステージでダイバーシティについて語った。

 

ダイバーシティとは多様性のことを指すのですが、男女平等だけでなく、人種、民族、性的指向の多様性のことを指します。

 

続きを読む

カンヌセミナー2018 Day2 Branded Consumer Experience

本日2日目のブログトピックは、Branded Consumer Experiencesについて。

登壇者はeight inc.の創設者であり、CEOのTim Kobe。

 

彼の大きな実績は...

f:id:bbmedia:20180620210059j:plain

eight inc. ホームページより

 

約20年前、新しいリテールの形を作りあげたApple Storeのコンセプトをデザインした方です。

 

eigth inc.のウェブサイトに記載されているのは、

We design meaningful human experiences.
Experiences with emotion and purpose that change the way people think, feel and do.

私たちは意味あるヒューマンエクスピリアンスをデザインします。

人の考え、感じ方、行動を変える、エモーションとパーパスのあるエクスピリアンスを。

 

この文章でわかるのは、エクスピリアンスではなく、ヒューマンエクスピリアンスであること。彼らがデザインするエクスピリアンスはすべて人を中心に考えている。

人に、どういった価値をもたらしているのか?

続きを読む