読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GLOBAL CREATIVE TRIP

世界各国を旅しながら働く児玉が、海外のクリエイティブトレンドをいちはやくレポートします。

P&G Thank You, Mom - Strong

オリンピックの恒例となりつつある、P&Gの「Thank You, Mom」シリーズの
2016年リオデジャネイロ・オリンピック版が最近公開されました。
リオオリンピックまで100日を切り、母の日の1週間前に公開されたこの広告は、
今まで通り、母の偉大さを語っています。

今回のメッセージは、「母親強し」。タイトル通り、「Strong」です。

今回のトーンは、いつもより少しダーク、という印象を持つかもしれません。
というのも、どんなに恐怖を感じる状況であっても、そばにいる母親はいつも落ち着いて、緊張や怖さをなだめてくれる存在である、という表現をするため、災害や事故など、少し怖い描写が織り交ぜられています。

最後、オリンピック選手へと成長した子どもが大舞台で活躍し、支えてくれた母親に雄姿を見せる、という展開は今までどおり、オ・キ・マ・リ。

最後のコピー
It takes someone strong to make someone strong.
強い人間によって、強い人間が育つ。
※この場合、「心強い母親の存在によって、強いオリンピック選手が生まれる。」

スタッフ
毎回、このシリーズは世界的に有名な監督が演出を担当しています。
現在上映中の「レヴェナント」で2年連続アカデミー賞の監督賞を受賞した
アレハンドロ・ゴンサレス・イナリトゥをはじめ、
撮影監督として活躍するランス・アコードなど、過去に担当しています。

今回の監督は、ジェフ・ニコルズという映画監督であり、
2012年にカンヌ国際映画祭コンペティション部門でパルム・ドールを競った方です。

2012年ロンドンオリンピック "Best Job" by アレハンドロ・ゴンサレス・イナリトゥ

2014年ソチオリンピック "Pick them back up" by ランス・アコード

あなたはどれが一番好きですか?
私は2014年のソチオリピックバージョンを見る度に、少しホロホロしてしまいます。