GLOBAL CREATIVE TRIP

世界各国を旅しながら働く児玉が、海外のクリエイティブトレンドをいちはやくレポートします。

SXSW2019 老舗リテーラーの進化:メイシーズ篇

Macy’s(メイシーズ)とは、アメリカの老舗百貨店です。18ヶ月前から始めた施策が話題を呼んでおり、その概要をSXSWのセミナーで取り上げられていたので、少しご紹介します。そのセミナーの名前は、Why Storytelling Sells: Platform Purchasing Power(ストーリーテリングが購買を促進する理由:プラットフォーム販売が持つ力)。

f:id:bbmedia:20190311080737j:plain

Macy'sが登壇したセミナー

Amazonによって、Macy’sのような百貨店は化石化し、消滅していくと思う人が多いのではないでしょうか。ただし、化粧品業界に革命を起こしたと言われるGlossierのCEOであるEmily Weissはアマゾンについて、以下を発言しております。

 

Amazon solved buying but, in the process, they've kind of killed shopping.

アマゾンは「購入」を解決したが、その工程の中で「お買い物」というものを殺した。

 

お買い物の楽しみ、お客様とのつながりを再構築するためにMacy'sが立ち上げたのが、Macy's Style Crew(メイシーズスタイルクルー)。いわゆるインフルエンサープログラムなのですが、実際の社員をインフルエンサー(Style Crew)としてお客さまとつながりを持ち、一押しアイテムを自身のソーシャルメディアで紹介する、というプログラムです。

f:id:bbmedia:20190311082906j:plain

たった1年で成果を見せているMacy's Style Crewプログラム

もともと20名のメンバーから始まったMacy's Style Crewですが、今ではアメリカ50州のうち40州に渡り、1000名のメンバーで構成されています。このプログラムの成功は、メンバーが使いやすいプラットフォームと、メンバーにインセンティブが戻ってくるシステム、かと思います。

 

Macy's Style Crewの流れ

f:id:bbmedia:20190311081741j:plain

Macy's Style Crewの流れ

①プラットフォーム上で、シーズンや期間に合わせてMacy'sとして押し出したい商品をMacy's Style Crewへ告知

②紹介したい商品をMacy's Style Crewが選択

③商品を紹介する動画、もしくは画像を撮影

④コンテンツをあげるプラットフォームをMacy's Style Crewが選択

⑤フォロワーはMacy's Style Crewのコンテンツを視聴し、リンクが貼られているMacy's Style Crewプラットフォーム

⑥コンテンツを通して、セールスにつながった場合、インセンティブとしてMacy's Style Crewにボーナスが与えられる

 

Macy'sがStyle Crewメンバーに求めるのは、フォロワー数ではなく、コミュニティを取り込む力と情熱。フォロワー数とリーチに長ける外部インフルエンサーを完璧にマーケティングプランから排除したわけではないのですが、Macy's社員ならではのMacy'sブランドへの忠誠心と、消費者から見たときの信憑性は変えがたいものかもしれませんね。

f:id:bbmedia:20190311084450j:plain

「企業が人へ売る」から「人が人へ売る」へ

進化しているのか、古き良き時代に戻っているのか....