GLOBAL CREATIVE TRIP

世界各国を旅しながら働く児玉が、海外のクリエイティブトレンドをいちはやくレポートします。

CES2019 始動!

明けましておめでとうございます!今年もどうぞよろしくお願いいたします!

と、新年のご挨拶は毎年恒例、CESが開催されているラスベガスから、となります。

f:id:bbmedia:20190108083817j:plain

2019年1月7日:毎年代わり映えしないラスベガスコンベンションセンター

CESの展示場の扉が開くのは、明日1月8日からのため、準備真っ只中の展示会場ですが、週末から各社のプレス発表会が開かれており、本日から本格的にセミナー等も始まり、少しずつ賑やかになり始めているCES会場から、本日のブログをお届けします!

 

CESは、ただのカンファレンスではなく、毎年、年始に世の中がどう変化していくのかを示唆する、世界注目のイベントです。今朝テレビをつけると、視聴者数が全米トップの朝の情報番組TodayでもCESが紹介されているのを見ると、世間一般的に注目されているのを実感します。

 

CESが本格的に始動する前、まず話題になるのが(プレス発表する新製品以外に)ラスベガス周辺に登場する広告です。CESの開催に合わせて、大手企業はラスベガス周辺に派手な広告を出すのが毎年注目であり、その年、何が話題になるのか、垣間見ることができます。 

去年は一昨年のAmazonのAlexa祭りに対抗し、Googleが大きなビルボード、モノレールをハイジャックし、"Hey Google"というフレーズを掲げてGoogle Assistantを広告したのが記憶に新しいですね。今年も去年と同じ、”Hey Google”と書かれたモノレール車両と、去年より大きくなった展示スペースが目に入ってきます。

f:id:bbmedia:20190108102903j:plain

Googleの展示スペースの後ろに見えるGoogleラッピングされたモノレール

しかし、今年、先駆けて話題となったのは毎年不参加が目立つAppleの広告です。今年も参加していないのに、この13階分の高さを誇るメガビルボードで話題を勝ち取っていくApple、なんて憎いんでしょう。しかも、会場となるラスベガスコンベンションセンターを見下ろす形がなんとも言えませんね。

f:id:bbmedia:20190108103321j:plain

メイン会場であるラスベガスコンベンションセンターを見下ろすビルボード

コピーは、"What happens on your iPhone stays on your iPhone"

英訳:あなたのiPhoneで起こったことは、あなたのiPhone内に留まる。

ラスベガスの有名フレーズ「ラスベガスで起こったことは、ラスベガスだけに留まる」を文字っています。ラスベガスは大人の遊園地として盛えている場所であり、ギャンブルしすぎても、飲みすぎて羽目を外しちゃっても、それはラスベガスに留まるので、安心して、思いっきり楽しもう!という意味です。

ただし、Appleが言いたいのは、Appleを思いっきり楽しんで!という純粋なものではなく、(顧客データを使って消費者にモノを買わせようとしているAmazonGoogleとは違って)Appleはあなたのデータを大事にしていますよ、というメッセージである。コピーの下に記載されているapple.com/privacy(Appleのプライバシーに関するリンク)にその意味が込められているのがわかります。

ということで、今年のキートピックの1つはプライバシーとセキュリティーですね。データが必須となるインフラの中でプライバシーとセキュリティをどう考えていくかが、今後大きな課題となります。

この広告の裏側にはAppleスマートスピーカーであるHomePodがAmazon EchoGoogle Homeに比べ、伸び悩んでいる腹いせ、というふうに囁かれてもいますけどね...。

 

Googleは去年より展示スペースを大きくし、今年も多くの話題を呼ぶ見通しです。準備中のスペースを通りがかった時、小さな遊園地化していましたからねっ!やることが派手ですね〜

f:id:bbmedia:20190108110327j:plain

今年のGoogle展示スペース2階に見えたのはGoogle流イッツ・ア・スモール・ワールド

 ということで、CES2019、いよいよ開幕です!